都営新宿線の森下・菊川・住吉のマンション・中古マンション・新築一戸建て・土地・中古戸建・賃貸のご紹介。墨田区に住もう・江東区に住もう。

 

コムホームでは只今、『お掃除の極力いらない家』と『アンチエイジングなお家』

の二つの商品を展開しており、女性が考えた、女性のための家作りをご提案しております。

また、資金計画アドバイザーによる、最適な住宅ローンをプランニングいたします。

ここでひとつご紹介したいお話がございます。

『住宅ローンはそもそも月づきいくら支払えるかなどを目安に組んではいけない』

というお話をしたいと思います。

まず住宅購入を考えている方が今借りている賃貸住宅が8万円払っているから、

住宅ローンも8万円で大丈夫ではないか。

と、いう人が多いですが、それはとっても危険です。

そもそも家賃と住宅ローンは比較の対象ではありません。

例えば1mと1万円のどちらが大きいですか?と聞かれて

お分かりになる方はいらっしゃいませんよね。

そうです、これは単位がまったく違いますから比べられないのです。

家賃と住宅ローンも財布から出て行くという点では同じですが、

同じ8万円でもその中身が大きく変わるのです。

たとえば家賃はどうやって決定するか、一言で言うと需要と供給という関係です。

部屋を借りる人が多ければ多いほど家賃はあがります。

逆に人気がなく空室が多ければ多いほど家賃は下がります。

ところが住宅ローンは皆さんご存知の通り金利の塊です。

たとえば変動金利というタイプの住宅ローンを組んだとしましょう。

みなさんの感覚では住宅ローンを2年も払えば当然ローンは減っていると思われても

仕方ありません。

でもそこにかかる金利が上昇していたらどうでしょう。

返済しても返済しても元金が減らない、逆に金利がどんどん上昇していくということに

なったらどうでしょう。エンドレスローンになってしまう場合があるのです。

もうお分かりになりましたね、家賃が8万円だからローンも8万円という安直な考えは

ローン地獄を生むのです。

どうしたらローン破産、ローン地獄にならなくてすむのか、どうやって生活を安全に

守るのかの答えが年返済比率になるのです。

この年返済比率につきましては資金計画アドバイザーが丁寧にご説明いたします。

どうぞお気軽にお尋ねください。

 

 

 

上へ